部品検査、緊急対応、部品測定、製造アウトソーシング、設計開発。地域に根ざした企業として。






私たちは各種製造業をメインに「信頼とクオリティ」を重視した外注業務の一括請負事業を展開しています。コンプライアンスを重視した適正な請負化をめざし教育・研修や労働安全・衛生面においても専任スタッフを配置して、お客様から安心していただける請負業務を心掛けています。
●製造スタッフ、技術者等の総合人材サービスも行っています。
(一般労働者派遣許可/般04-040002)


私たちは専門スタッフを用意してお客様の様々な検査業務のお手伝いをさせていただいております。当社の検査部門は
(1)自社工場で検査を行う「社内検査グループ」
(2)指定場所で検査を行う「現地検査グループ」
の2つで構成しています。


精密な部品ほどその精度が決定的に重要です。工場で試作や製造された部品が設計どおりかを1000分の1ミリ単位で測定する業務を行っています。物づくりのレベルの高さを側面から支えるお手伝いをさせていただきます。
<測定設備ラインナップ>
・工具測定顕微鏡 3台         ・実体顕微鏡・デジマイクロ
・測定支援システム 3台        ・その他各種





宮城県認定訓練「製造基礎コース」
「モノづくりは人づくりである」と考え、一般社員教育やリーダー教育に力を入れています。平成20年4月より宮城県の認定をいただき「製造基礎コース」(5日間・36時間)を開講しました。今後「マイクロソルダリング」のコース開設をめざし準備しています。


障がい者を雇用する責任とその自立をおてつだいする取り組みとして作業所を運営しています。多くの皆さんにご支援をいただき、現在4人の知的障がい者と2人の管理者で簡単な電気部品などの加工・組立作業をしています。また、養護(支援)学校の生徒さんを実習の場として活用していただいています。


個人情報保護法の制定により、個人情報や顧客情報などはちょっとしたメモでも簡単には捨てられません。
また会社・事業所には営業・開発・設計・財務などのさまざまな機密文書があると思います。
それらの処理は適正にされていますか?
平成25年1月に「シュレッドセンター」を開設し、機密は国際基準で一括抹消し、それを燃やさずにリサイクルする事業を開始しました。

シュレッドセンターのサービスについてはこちらをご覧ください。