機密文書の処理、処分のシュレッドセンター。国際基準のセキュリティでお客様の重要な機密性を守りつつ処分、抹消します。

スポット回収

必要な時に都度、ご連絡をいただいて
から回収いたします。

定期回収

日常的に発生するお客様向けに、回収
スケジュールに沿って回収します。

シュレッドセンター

(株式会社共同システムサービス)
宮城県大崎市古川駅前大通4-3-39
TEL:0229-21-1881
FAX:0229-21-1882
メールでのお問い合わせはこちら

 

  • お預かりした機密文書はセキュリティ管理されたシュレッドセンターで、専門教育を受けた「シュレッドマスター」の資格者が全て責任を持って一括抹消処理します。
  • 抹消処理を確認するためにお客様がシュレッドセンターを「立会」できます。
  • 立会ができないお客様で、希望すれば抹消処理工程の「映像で確認」もできます。
  • 信頼が生命線となる業務になりますので回収から機密抹消まで、これら全ての作業を国際基準であるISO27001(ISMS)に基づいて行い、お客様の機密を守ります。
  • 万が一の機密漏洩の対策も構築しています。
  • 抹消裁断は、@機密処理の国際的基準となっているドイツ「DIN 32757基準」と、Aリサイクルの国内基準「グリーン購入法/機密文書処理」規定の2つの基準をクリアーする大きさで行っています。

  • 会社関係では事務用シュレッダーで処理されているところも多いと思いますが、その後の処理は「ゴミ〜焼却」となり結局は環境汚染に結びついてしまいます。
  • 私たちは機密抹消後の裁断紙をグループ提携内で、全て完全にリサイクル化し再生紙として有効に活用します。
  • 「機密抹消・リサイクル証明書」を発行します。環境ISOやエコ社会貢献にお役立てください。

  • 私たちはISO27001の広域認証を受け、全国一律の基準で機密文書・データ処理事業を展開している「全国RDVシステム協議会」の一員として業務にあたります。年次保管文書の大量処理やパソコン・デジタルカメラなどのさまざまなデータ抹消も加盟グループでご要望にお応えします。